ワーキングホリデー 台湾での住居・部屋探し

 台湾でワーキングホリデー生活を送るための、台湾での住居、アパート探しをお手伝いするサービスです!

 まずは無料で、家賃や坪数などご希望を聴き取りして、条件に合致する物件があるかお探しします。
料金は、内見の手配・現地案内の手数料と、入居契約に至ったときの成約料に別れています。
もし内見しても気に入ったお部屋がないなど、結果的に契約にいたらなければ、成約料金の分はいただきません。

項 目 料 金 概 要
検索・情報提供 基本無料 日本にいながら、現地情報を収集
内見候補選出〜予約・現地案内 14,000 円〜 内見予約の代行・1日分のご案内料金
契約サポート(成約報酬) 23,000 円 入居契約・家賃支払い手続きの補佐

 入居契約までが1回のサポート範囲です。滞在中に住み替え・転居をサポートするには、その都度、手数料をいただきます。
退去(解約)サポートが必要な場合は、オプションで追加することができます。

住居探し 主なサポート内容

◆ 物件探し代行 ……ご希望を聴取し、ネットや不動産店舗にて住居物件をお探しします。
◆ 内見ご案内(現地)……依頼者が現地到着後、部屋の内見へ案内します。
◆ 周辺案内 ……物件の周辺環境(交通状況、飲食店などの有無)をご説明します。
◆ 家賃交渉 ……家主と賃料の値下げ交渉を試みます。(応じてもらえるかは担保できません)
◆ 契約サポート……物件が決まったら入居契約を補佐。この段階で成約報酬をいただきます。
◆ 家賃支払いサポート ……その後の、月々の家賃支払い書類の作成をいたします。

台湾の住居種類について

 台湾ではアパートのほとんどは1年の入居契約になります。
それ未満で退去すると、敷金(家賃の1、2ヶ月分)が返ってこないといった条項が付帯していることが一般的です。交渉によっては、半年から10ヶ月の入居契約にしてくれる大家さんもいますが、月々の家賃が割増しになったりします

 台北市内の1ルームアパートの家賃相場は、15,000〜20,000元(台湾ドル)。 日本円にすると月額およそ 45,000〜65,000円 です。 台湾というと「日本に較べ物価が安い」という先入観を持つ方が多く、家賃も安いと思われがちです。

 もし入居期間の制約なしで、またできるだけ安い家賃ですみたい場合は、「雅房」(ヤーファン)と呼ばれるルームシェアがあります。
「雅房」であれば、月々の家賃が1万元以下の部屋を見つけることもできます。
ルームシェアと言っても、不動産屋で賃貸契約することができます(オーナーがその家には住んでなく、一部屋ずつ切り分けて賃貸に出してる形式であることが多いです)。


雅房(ヤーファン)の一例(* 物件により状況は異なります)

 図面のように、入口や客間は共有ですが、寝室はそれぞれ独立した個室になっていて、鍵をかけることができます。
部屋数が多い物件では、トイレ・シャワー室が2つあることもあります。
また、女性専用の雅房も多くあります。その場合は、隣室住人も全員女性なので安心です。

 隣室の住人(部屋は別ですが一般的に「ルームメイト」と呼ばれます)と、仲良くなるケースもありますし、雅房には台湾の社会人が住んでいることも多いので、生活時間帯が違えば、ほとんど顔を合わせないこともあります。

オプション・サポート

 住居探しに、以下のオプションサポートを追加することができます。
住居探しサポートをご利用のお客様への付帯サービスですので、オプションのみを承ることはできません

 携帯電話の加入や、銀行口座開設は、基本的に、内見や入居契約サポートの同日に実施します。
もし後日になってから追加で依頼をいただく場合は、下記の料金に別途手数料を加算します。はじめからご希望でしたら、部屋探しの申し込みの際に、合わせてお申し付けください。

一時宿泊先の確保
到着してから、部屋が見つかるまでの一時滞在先(ホテル等)の確保をします。
家賃などの実費は別途負担となります。
【手数料】無料(1回)
ワーホリビザの延長手続き同行
ワーキングホリデービザは、発給から180日目までに延長手続きが必要です。
現地スタッフが、延長手続きに同行してお手伝いいたします。
【手数料】9,800 円
銀行口座開設
台湾の銀行口座開設をサポートします。口座開設などには書類や印鑑がです。
【手数料】9,800 円 ※基本的には、内見の案内と同日に実施します。
携帯電話 契約サポート
台湾現地での携帯電話契約のお手伝い。
【手数料】9,800 円 ※基本的には、内見の案内と同日に実施します。